千本釈迦堂(大報恩寺)

千本釈迦堂

■名称

大報恩寺 (だいほうおんじ)

■別名

千本釈迦堂 (せんぼんしゃかどう)

■住所

京都市上京区五辻通七本松東入溝前町1305

ルートを検索

■電話番号

075-461-5973

■URL

トップページ|千本釈迦堂 大報恩寺
大報恩寺は、鎌倉時代の承久3年(1221)に義空が開いた真言宗智山派の仏教寺院で、千本釈迦堂とも称される長い歴史を持つ由緒あるお寺です。安貞元年(1227)に建立された本堂は、幾多の戦火を免れ、800年近く経った今も当時のまま残る京都市内(京洛)最古の木造建造物として国宝に指定されています。

■内容・見所

吉田兼好の徒然草にも登場する真言宗智山派の寺院で新西国三十三ヶ所第16番札所。

国宝指定の本堂は応仁の災火を逃れ1227年創建時のままの姿を保つ。

釈迦如来坐像や六観音像などの重要文化財を所蔵し、2月のおかめ節分、12月の大根炊きが有名。

■拝観時間

9:00 – 17:00

■料金

大人    500円

高大生  400円

小中生  300円

*霊宝館共通

*団体割引有り

■交通案内

市バス/上七軒下車 徒歩約3分

■駐車場

自家用車25台 無料

■車椅子

不可

コメント

タイトルとURLをコピーしました